金継宗家の金継ぎ その30

  • 2014.05.18 Sunday
  • 08:30
 

【金継】 キャセイパシフィック航空の機内誌[SILKROAD] APRIL2014号に
金継宗家の金継ぎが紹介されました。

 

 

 

SHARDS OF BEAUTY 金継ぎ  破片の美   
          

A traditional Japanese ceramic-repairing technique is saving valuable ceramics from the dustbin while adding striking metallic adornments.

伝統的日本の陶器修復の技術は、ごみ箱から貴重な陶器を救出している。 

しかも、見事なメタリック装飾を施して


IN EARTHQUAKE-PRONE(
頻発する地震)
 

Japan, a new generation of artists has helped regnite interest in a traditional skill that can restore family heirlooms and precious pottery smashed in a tremor.Their use of kintsugi in contemporary works has evoked nostalgia for the old art of mending ceramics using a resinous lacquer sprinkled with powdered gold or silver.

 

日本の新世代の芸術家たちは、地震によって破損した先祖伝来の家財や貴重な陶器を伝統的な技法によって修復し、再び蘇らせることに意欲的である。

現代の作品に従来の漆と蒔絵の技法を取り入れることにより、古来からの陶器修復への郷愁を更に募らせているのだ。更に、金継ぎ職人たちは、日々その技術を磨き、その伝統的修復技法が高い芸術性を持ち続け存続するように心掛けている。

 

 

Master craftsman Showzi Tsukamoto says that kintsugi may have evolved out of the distinctive Japanese virtue of cherishing what you have.

But more than just a means of fixing broken objects, kintsugi is bona fide art form.

He points to a specific work, a tea-ware bowl known as Seppo (meaning snow-coverd mountain peak), housed in Tokyos Hatakeyama Memorial Museum, that he says exemplifies the magnificence of the craft.

Seppo was originally a failure because of the cracks caused in the kiln, he says.

Renowned artist Honami Kouetsu (1558-1637) repaired the damage with gold lacquer, while imagining the design to be a snow-covered mountain peak poured with morning sunlight-a work that has become a cultural treasure, as well as great source of inspiration for Tsukamoto.

Tsukamoto was trained in the lacquer arts, specialising in using metal-based lacquer as a graduate student.

He says that ever since first laying eyes on the Seppo bowl in his 2os, which he describes as a fatalistic encounter, he began working to perfect his skills in this craft, using the gold-streaked vessel as a model of artistic achievement.

Seppo was a memorable work in that it raised the mere repair technique of kintsugi to the realm of fine art.

 

金継ぎ宗家 塚本尚司氏によれば、

「金継ぎは 日本人の 《ものを大事にする》 という美徳から生まれたのであろう」

しかしながら金継ぎは単に壊れたものを修復する手段に留まらず、立派な一つの芸術なのである。彼はその具体的な例証に、東京の畠山記念美術館蔵の雪峰(雪に覆われた山の峰の意)という名の抹茶茶碗を挙げて、その技術の素晴らしさを説明している。

雪峰は、もともと窯焼の際に生じた傷が原因で失敗作と見做されていた。

高名な芸術家・本阿弥光悦(15581637)は、この茶碗の窯傷に金継ぎを用いて、

単なる修復に留まらず、朝日に照り映える山の峰の景色として蘇えらせたのである。

国宝に指定されたこの抹茶茶碗は、同時に塚本氏に多大なインスピレーションの源となる感銘を与えたのである。彼は芸術大学で漆工芸を学び、大学院では更に金胎漆芸を専攻した。20代の頃に、この《雪峰》茶碗を目にして(彼はそれを《運命的出会い》と称しているが)以来、雪峰茶碗を彼の芸術的達成の手本として、技術の完成を目指し、日々精進している。《雪峰》は、金継ぎが単なる繕いの為の技法に留まらず、真の芸術の域にまで高めた、記念すべき作品である。

 

 

 

Another repair technique, yobitsugi, uses ceramic parts from a different and unrelated vessel.

At times, a dramatically different pattern, texture, colour or grain of materials is deliberately selected.

Tsukamoto says a special technique that he developed adds to the complexity and difficulty of the process.

While shortcut methods are used in Japan and Europe, employing the traditional ways to repair an object takes three to five months.

So in addition to know-how and artistry, another crucial ingredient for someone taking up this craft, the master says, is patience.

Now one of the most highly regarded kintsugi craftsmen,  Tsukamoto is still striving to improve with Seppo, the bowl that inspired him, in mind.

I am determined to work harder daily in order to raise my own art of kintsugi to the realm of fine art and spread it to the world.

I believe this is my misson.

 

もう一つの修復技法《呼び継ぎ》は、異なる種類の器の破片を用いて行われる。時には劇的に異なる型、質、色、材料が慎重に選ばれる。塚本氏に拠ると、彼の特別に開発した技法は、その過程に於いて、更に複雑で困難である。

簡略化された技法が日本やヨーロッパで用いられているが、伝統的な修復方法を用いた場合には、完成するまで3ヶ月から5ヶ月の時間を必要とする。

それ故、その行程を手掛けようとする者にとって、その方法の熟知と手腕の他に、絶対的必要条件として掲げるのは、《忍耐》である。

さて、金継ぎ業界に於いて、最も高く評価されている職人の一人として、塚本氏は、彼に多大な感銘を与えた雪峰茶碗を目標に、更なる進化を遂げるべく、日々努力を重ねている。

「私は自らの金継ぎの技を真の芸術の域にまで高めるべく、日々精進し、またこの技法を世界に広めるべく努力すると決意している。それが私の使命であると信じている。

 



 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html



 

スポンサーサイト

  • 2018.07.15 Sunday
  • 08:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    日本の伝統文化 金継ぎ
    Kintsugi Art

    金繕い

    金継宗家
    Kintsugi Art of the Kintsugi Souke

    塚本尚司の漆アート

    youtube金継宗家

    金継宗家

    金継宗家

    金継宗家

    ギャラリーアートミッション

    ギャラリーアートミッションオンラインショップ

    GALLERY artmission ブログ

    profile

    selected entries

    categories

    archives

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR