金継宗家の金継ぎ[金継ぎの歴史]その3

  • 2016.02.12 Friday
  • 10:11

金継ぎ元祖は、江戸時代初期の芸術家 本阿弥 光悦作「雪峰
日本の伝統文化の茶の湯では、壊れた茶碗を金継ぎして、
金蒔絵を施した傷の繕いを一つの文様として、
器の美しい景色と見立て、「金継ぎ」は単なる器の修復にとどまらず、
芸術として鑑賞されてきました。

 
金継宗家の金継
 
金継ぎ

赤楽茶碗 銘 「雪峰」 本阿弥光悦作 畠山記念館蔵

 
私が金継宗家 宗匠 塚本将滋として、「金継ぎ」教室を開く事になった経歴をお話しますと、私の先祖の故郷の彦根に戦国大名の彦根藩の城主、 井伊直政が身に付けた武具[井伊の朱備(いいの あかぞろい)]という朱漆塗の甲冑に私が出会ったことに始まります。この甲冑は鉄で加工された上に、金胎漆芸の技術で錆び止めの為に堅牢に高温で漆を焼付 け、更に加飾の朱漆塗が施されたものです。私が幼少の時に[井伊の朱備]を見に連れていってもらいました。私は何故か、甲冑の美しい朱の色と漆塗りの質感 (クオリア)にすっかり魅せられてしまいました。まさに”三歳の魂は百歳までも”で、私は後に、その時の感動の記憶に導かれ、東京芸術大学に進み、彫金と 漆芸を学びました。そして、明治維新の廃刀令により途絶えてしまった金胎漆芸の技法を研究し、独自の金胎漆芸の技術を発明し、40年前から漆アートの仕事 をする運命となりました。

また、私が日本伝統の蒔絵の技術を修得して、20才代から「金継ぎ」を始めた動機は茶道を遠州宗家の直 門(庵号:好得庵 塚本宗志)として学び、小堀遠州「綺麗さび」の茶の湯を通して、金継ぎ元祖である江戸時代初期の芸術家 本阿弥 光悦「雪峰」赤楽茶碗に運命的に出会ったことによります。

本阿弥 光悦は室町時代以来の刀剣の研磨、鑑定、浄拭(ぬぐい)を家業とする名家に生まれた富裕な町衆で茶人であり、●絵画は王朝美の大和絵の琳派の代表。●書は 「伊勢物語」嵯峨本の光悦様の名筆。●蒔絵は「舟橋蒔絵硯箱」彫金した金、銀、鉛の象嵌文様。●陶芸は楽焼茶碗「不二山」国宝の作者で、江戸時代初期に多 才な芸術家、そしてアートディレクターとして活躍した人物です。赤楽茶碗の「雪峰」は失敗作の窯傷を金蒔絵で繕ってあり、茶人である光悦が窯傷を茶碗の景 色と見立て、単なる金繕いから、金継ぎとしての造形美へ高めた記念すべき芸術作品です。

私は、この「雪峰」を「金継ぎ」の手本として40年間、技を研いてきましたので、当然の様に、本阿弥光悦を金継宗家の流祖と思って崇めてまいりました。そして、我が流儀の「金継ぎ」を芸術の域に高めるために日々精進し、正当な「金継ぎ」を広く後世に伝承さ せることが私の使命と思うようになりました。


 
金継宗家 宗匠 塚本将滋
 
銘 那智の滝
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋 (尚司)


 
youtube金継宗家
 
日本の文化紹介ビデオとして紹介された「金継宗家」をYouTubeにて7カ国語バージョンで公開中。
金継教室
金継ぎ修理
 
 

Kintsugi・Maison & Objet Paris その2

  • 2015.10.07 Wednesday
  • 16:02

世界規模の最新のトレンド発信の場であるMaison & Objet Paris「メゾン・エ・オブジェ・パリ」内のラグジュアリー&デザイン分野の第7ホールで、これからのインテリアデザインのトレンドを読み解き、最新のトレンドを仕掛けるトレンドセッターであるElisabeth Leriche(エリザベス・ルリッシュ)が提案をするPRECIOUS【プレシャス】というテーマインスピレーションスペースに、私、塚本尚司(Showzi tsukamoto)が招かれて、私の金継ぎ作品金継宗家の金継ぎの実演を披露してきました。

 
Maison & Objet Paris「メゾン・エ・オブジェ・パリ」

 
壊れた陶磁器の傷を、あえて目立たせて、蒔絵Makieゴールドで加飾するという、プレシャス金継ぎKintsugi哲学的な美学が世界的なトレンドに成りつつある今、パリでは、日本独特の壊れた陶磁器を再生させる修復技術Kintsugiが脚光を浴びている。
しかし、現在、Kintsugiと言っても、修復方法の蒔絵Makieの技術的な完成度から見て、高い完成度の正統なKintsugiではない、多くの稚拙な亜流のKintsugiが日本を始め世界中に横行しているという嘆かわしい現状であるので、今回の「メゾン・エ・オブジェ・パリ」テーマPRECIOUS【プレシャス】インスピレーション スペースでのKintsugiの実演は、私の金継ぎ作品の展示と正統な流儀の金継宗家Kintsugi SoukeKintsugiを実際に直接見てもらい、その違いを知って頂くのに良い機会となりました。

 
Maison & Objet Paris「メゾン・エ・オブジェ・パリ」
 


Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]

Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]


Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]


Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]


Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]


Kintsugi 金継ぎ   [面取り白磁鉢]



 
 

Maître Kintsugi Showzi Tsukamoto en pleine démonstration 
Maison et Objet septembre 2015

 




金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html

 

 



 

国際展示会 Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 16:56

Maison & Objet
インテリア&ライフスタイルデザインの国際展示会「メゾン・エ・オブジェ・パリ」が、2015年9月4日(金)〜9月8日(火)までの5日間、パリにて開催されました。
 
Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」

Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」
PRECIOUS「プレシャス
 

この世界規模の最新のトレンド発信の場である「メゾン・エ・オブジェ・パリ」内のラグジュアリー&デザイン分野の第7ホールで、これからのインテリアデザインのトレンドを読み解き、最新のトレンドを仕掛けるトレンドセッター(trendsetter)であるエリザベス・ルリッシュ(Elisabeth Leriche)が提案をする【プレシャス】というテーマのトレンドブースに、私、塚本尚司(Showzi tsukamoto)が招かれて、私の金継ぎの作品金継宗家の金継ぎの実演を披露してきました。
 
エリザベス・ルリッシュ(Elisabeth Leriche)の【プレシャス】というテーマは、『「珍しいもの」や「特異なもの」のメタファーとして登場したのです。
質の高い装飾芸術のカンバックだけでなく、過剰さという風潮に注目し、ハンドクラフト的な仕上がりの一点ものについての取り組みをさらに掘り下げたいと考えていました。

まるで一般的なものが耐え難いほどに平凡になってしまったために、希少性、つまり、特異なモノや神聖なモノ、そして世俗的なものに由来するあらゆるモノと、平凡さを区別するために、フォルムを誇張させなければならないといった感じです。

周囲を取り巻くカオスから最終的に何かが現れるようにするのです。
私達は皆、バロックの影響力の復活に取り組みたいと願っていました。

このような背景から、私達は、ラグジュアリーすら超えたプレシャスという性質を帯びたモノとは何なのかという疑問を投げかけるに至ったのです。そして、ゴールドや装飾芸術のカムバックに注目しました。』

と語っています。


 

Maître Kintsugi Showzi Tsukamoto en pleine démonstration 
Maison et Objet septembre 2015

 
 
Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」プレシャスブース 金継宗家実演


Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」プレシャスブース 金継宗家実演


Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」プレシャスブース 金継宗家実演


Maison & Objet「メゾン・エ・オブジェ・パリ」プレシャスブース 金継宗家実演
 
 
金継宗家の金継ぎ
日本の伝統文化の茶の湯では、壊れた茶碗を金継ぎして、
金蒔絵を施した傷の繕いを一つの文様として、
器の美しい景色と見立て、「金継ぎ」は単なる器の修復にとどまらず、
芸術として鑑賞されてきました。


 

 
 

金継教室 生徒作品 その2

  • 2015.05.14 Thursday
  • 00:34

金継ぎ稽古歴 中級クラスの伊東さんの作品です。
 
「共直し(ともなおし)・茶入」
 
金継宗家の流儀の漆塗で共直しをした茶入です。
 
破損した茶入を刻苧(こくそ)で繕って、漆で質感と色彩を再現しながら、まったく傷が判らないように器を再生した作品です。
 


破損した茶入れ



 
 

「共直し・茶入」完成。

 
伊東「ひびが入ってしまった茶入れの繕いを 友人のお茶の先生から依頼されお預かりしました。 
時間がかかりましたが ひびは綺麗に修復でき、金継のクラスに持って行き、塚本先生に最終仕上げを見て頂くつもりでおりました。
ところが、クラスへ行く準備をしている際に 私のミスで茶入れを落としてしまい、こなごなになってしまいました。
どうしたら良いかわからず、呆然としたまま破片を拾い集め、塚本先生に相談いたしました。
先生に見て頂くと、大丈夫。綺麗に直せると言っていただき修復に取りかかりました。
不安がありましたが、破片を一つ一つ刻苧糊で張り合わせ、なんとかもとの形に戻すことができました。
その際に、大坂夏の陣で 戦火にさらされ、 徳川家康の命令によって焼け跡から探し出され、藤重藤元・藤厳という漆塗りの名工父子によって修復された茶入れ九十九髪茄子のお話を伺いました。
私の金継ぎの腕はまだまだですが、金継宗家の流儀の漆塗での共直しは本当に素晴らしい技術だと改めて思いました。」
 
大名物の唐物(からもの)「九十九茄子(つくもなす)茶入」の共直し物語。
 
15世紀中期、室町幕府八代将軍足利義政の茶道指南役であった、わび茶の茶匠で茶の湯を確立した村田珠光が九十九貫で入手した唐物(南宋から元時代の物)の茶入で茄子の形をしている。※九十九貫は現在のお金で、約990万円。
 
この茄子の形の茶入は九十九茄子茶入の名で呼ばれ、『伊勢物語』の和歌
 
『百とせに 一とせ足らぬ 九十九髪 我を恋ふらし 面影に見ゆ』
から、九十九茄子と命名したという。
 
後に、この茶入は豊臣秀吉に伝わり、大阪夏の陣で被災したが、徳川家康の命を受けた漆芸の名工の藤重藤元・藤厳父子により他の名物と共に探し出され、漆で共直し修復が行われた。そして、名物を修復した仕事の褒美として藤重が家康から賜った茶入が九十九茄子茶入で、現在、静嘉堂文庫美術館の蔵である。X線調査で、この茶入の ほぼ全面が繕ってあり、表面の釉と見られる景色は漆で共直し修復が行われたことが判明している。
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html


 

金継宗家の金継ぎ その38

  • 2015.03.04 Wednesday
  • 12:46
 

もったいない文化金継ぎは、日本修理修復美術工芸技術です。

 

壊れた陶磁器金継ぎ金蒔絵を施し、傷跡を一つの文様、更には、美しい景色と見立てて再生した陶磁器を、より慈しんで愛好するという日本独特の文化なのです。

 

の伝統技法を生かした「金継ぎ」は単なる陶器の修理に止まらず、芸術の域にまで達した陶磁器の再生技法です。

 

 

古伊万里色絵皿

 

[金継ぎ] 古伊万里 色絵皿


 

 

 

古伊万里色絵皿

 

[金継工程] 黒漆下地(裏)

 

 

 

気に入って愛用している古伊万里色絵皿です。

 

2011311日東北地方太平洋沖地震の三日前の日に、偶発的にテーブルから落ちて粉々に割れてしまった二個の古伊万里色絵皿の、もう一つの皿です。

 

今、思い返すと、地震の予告だったのでしょうか?

 

あまりに割れ方が酷いので、なかなか金継修理をする気持ちが湧きませんでしたが、気に入っていたものなので、今年、やっと純金蒔絵を施して再生しました。

傷だらけですが、[金継ぎ]色絵皿に独特の美を感じるのは私だけでしょうか?


金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)




金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html



 


金継宗家の金継ぎ その37

  • 2015.01.13 Tuesday
  • 18:31

金継ぎ:よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】を展示いたします。



塚本尚司の漆アート・コレクション展 会期中、
日本橋三越本店 本館5階 リビングステージで、金継ぎの実演を行っています。


 






スピリチュアル【ピラミッド・ダイヤモンド曼陀羅】
塚本尚司 作


 

塚本尚司の漆アート・コレクション展
■漆アート・ジュエリー■漆オブジェ■版画■金継ぎ
 
会期:2015年1月21日(水)〜27日(火)
10:00〜19:00


日本橋三越 本店
本館5階 リビングステージ
東京都中央区日本橋室町1−4−1

 




金継宗家の金継ぎ その33

漆アート・ジュエリー 辰沙(シンシャ)の朱漆のリング
塚本尚司 作 金胎漆芸(きんたいしつげい)
 


 
 

 
漆アート・ジュエリー 辰沙のワインブラック漆のリング
ホワイトゴールド・メレダイヤ
塚本尚司 作 金胎漆芸(きんたいしつげい)




 


ご高覧頂ければ幸いです。



 

金継宗家の金継ぎ その36

  • 2015.01.01 Thursday
  • 10:00

金継ぎ:よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】を展示いたします。



塚本尚司の漆アート・コレクション展 会期中、
日本橋三越本店 本館5階 リビングステージで、金継ぎの実演を行っています。


 





スピリチュアル【ピラミッド・ダイヤモンド曼陀羅】
塚本尚司 作




金継宗家の金継ぎ その33

漆アート・ジュエリー 辰沙(シンシャ)の朱漆のリング
塚本尚司 作 金胎漆芸(きんたいしつげい)
 


 
 

 
漆アート・ジュエリー 辰沙のワインブラック漆のリング
ホワイトゴールド・メレダイヤ
塚本尚司 作 金胎漆芸(きんたいしつげい)




塚本尚司の漆アート・コレクション展
■漆アート・ジュエリー■漆オブジェ■版画■金継ぎ
 
会期:2015年1月21日(水)〜27日(火)
10:00〜19:00


日本橋三越 本店
本館5階 リビングステージ
東京都中央区日本橋室町1−4−1


ご高覧頂ければ幸いです。





 

 

 

金継宗家の金継ぎ その35

  • 2014.12.08 Monday
  • 23:33

金蒔絵の金継ぎ :柿右衛門 色絵六角小鉢

 
柿右衛門 色絵六角小鉢金継ぎ
 
金継ぎ  完成

 
柿右衛門 色絵六角小鉢 金継ぎ
 
金継ぎ  完成内側

 
柿右衛門 色絵六角小鉢 金継ぎ

金継ぎ  完成裏面




金継ぎ  修復工程




粉々に破損した柿右衛門 六角小鉢を、金蒔絵金継ぎをして再生しました。
修復部の金蒔絵が、まるでの古木に見立てたように色絵と調和していて、
美しい金継ぎ作品が出来上がりました。
 
実は、器にも魂(タマシヒ)があるのです。器はヒトによって産み出され、ヒトに使われて初めて生きることが出来るのです。
 
もしも、大事な器を使って破損しても、この様に金継ぎ陶磁器修理して、美しく再生することが出来るのです。
 
そして、ヒト金継ぎした器を更に慈しんで、美しく使う生活空間が、そこに生まれます。
世界に類の無い日本独特もったいない文化である金継ぎを、広く世の中に広めましょう。
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html
 

金継宗家の金継ぎ その34

  • 2014.10.07 Tuesday
  • 12:16
ガラスの器の【金継ぎ】

金継宗家の金継ぎ
 
ワイングラスの金継ぎ(足部分)
 
 
 
ガラス器の金継ぎ
 
ガラスの器の金継ぎ

 
 
ガラス器の金継ぎ
 
ガラスの器の金継ぎ(内側)

 
 
 
「グラスは、薄手の上ものほど、傷つきやすく、欠けることが度々です。
 
愛着のある傷ついたグラスは、どうしても捨てられません。
 
それでは、透明なガラスを透かして金蒔絵の黄金色が見える金継ぎで、修復してみましょう。
 
ガラス器の金継ぎは、ガラスが透明で透けて見えるので工程が異なります。
 
透明なガラスを透かして金蒔絵の黄金色が見える様に、金継宗家の流儀の特別な方法でガラスの破断面も金蒔絵を施します。
 
割れた箇所の破断面と外側と内側に金蒔絵を施してあります。
 
ガラス器の金継ぎは、実際に使用出来るように修復し、あえて目立つように傷口を金蒔絵(きんまきえ)で美しく装飾するという日本独特の美意識であり、日本独特のもったいない文化なのです。」
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
 

金継宗家の金継ぎ その33

  • 2014.09.19 Friday
  • 10:17
 
金継宗家の金継ぎ その33
【金継ぎ】 古伊万里色絵皿
 
 
塚本尚司「実は、陶磁器にも魂(タマシヒ)があるのです。器は使われて初めて生きることが出来るのです。もしも、器を使って破損しても、の伝統技法を生かした「金継ぎ」陶器修理して再生すれば、更に器をより慈しんで美しく使うことが出来るのです。
 
西洋の修復技術とは違い、日本の修復技術【金継ぎ】は、壊れた陶磁器をで修復し、あえて目立つように傷口を金蒔絵(きんまきえ)で美しく装飾するという日本独特の美意識であり、日本独特のもったいない文化なのです。
 
また別の視点から見ると、壊れた器の傷を美しく直すという行為は、同時に、人間の心の傷を心理的に治すことにつながっていて、【金継ぎ】は人間の魂(タマシヒ)を癒す(イヤス)、アート・セラピーに通じているようです。
 
金継ぎ」は、を使った日本独特の修復技術ですが、そのについてお話します。                                日本では漆の樹縄文時代のころから、人里に近い里山に植栽されていたことが、最近、三内丸山遺跡の森の痕跡から明らかになりました。また、四千年以上も前の縄文時代の地層からこの漆の樹から採取した漆を塗った土器、朱色の漆塗りの櫛などが、ほぼ原形を保って出土しています。想像を超えた長い時の経 過後も、が色艶を完全に残す生命力には感動し、心が癒されます。漆の美と生命力は偉大です。

 

金胎漆芸(きんたいしつげい)  漆の木

 
漆の樹日光のエネルギーを使い、光合成により、酸素を放出するだけではなく、天然樹脂の樹液を作ります。葉が茂って光合成の活動が盛んになる 夏の季節に、漆の樹の幹の内皮に人為的つけられた傷から樹液を掻き取り、精製して作ったものが、環境にやさしい、天然樹脂塗料の漆です。

 
金継ぎ  漆掻き

 
 
金継ぎ  漆掻き(27才頃の塚本)

 
 
が乾くのは、温度25℃、湿度70%程の空気の雰囲気の中で、の主成分ウルシオールが酵素ラッカーゼの働きによって、酸素を取り入れて反応し、 重合して固まる為です。乾いて固まったの塗膜は独特の柔らかい質感(クオリア)を持ち、美しい色艶を持っています。の皮膜は非常に強く、酸やアルカリ などの化学薬品にも侵されず、長期の使用に適しています。は使えば使うほど、輝きが増し、5年何10年と年月が経過するほど、はより透明になり、色漆が鮮やかさを増します。
 
一方、ラッカーなどの合成樹脂塗料は溶剤のシンナーが揮発して乾くもので、短期間の消費を目的とした製品に使われます。今日人類はエネルギー,又、 合成樹脂塗料や溶剤のシンナーを含めた多くの製品を化石燃料の石油に依存しており、これらは深刻な地球環境破壊、地球温暖化などをひき起こす元凶となって います。
 
japanは英和辞典で日本、漆、漆器と訳されています。
中国を表すchinaは磁器と訳されます。中国産の磁器がヨーロッパへ渡り、王侯貴族を魅了して、時の王侯が磁器づくりを錬金術師に命じて、発明したのが、ボーンチャイナです。
同じように、江戸時代に日本の黒呂色漆(くろろいろうるし)を使った黒呂色鏡面仕上げ塗りの家具、調度品が18世紀頃ヨーロッパへ渡り、その美しい黒い鏡面塗りは、王侯貴族を魅 了し、そして、時の王侯が錬金術師に命じて、鏡面仕上げ黒呂色塗りを真似て開発させたのが、グランドピアノに施した、黒ラッカー塗り鏡面仕上げのピアノ塗装なのです。
 
江戸時代の日本全土のの年間生産量は約2,000トン有りましたが、明治維新で藩が解体され、各藩のの増産奨励政策が無くなり、殿様の漆の調度品の需要が無くなり、廃刀令で、武士の漆塗りの武具の需要がなくなり、等で明治時代に入ってから日本産の漆の生産量は急速に減少し続けます。以後、価格の 安い中国産のの輸入が始まり、1960年には日本産漆の年間生産量は約20トンです。

 
現在は、日本はの年間消費量の99%(約200トン)を中国から輸入していて、なんと、日本産の生産量はの年間消費量の1%(約2トン以下)です。
 
現在の日本産の主な産地は岩手県の浄法寺地域と茨城県の大子地域です。日本産のは高品質で主に高級漆器に使われますが、生産量が少なく、価格は大変高価で、中国産のの値段の10数倍の価格です。
 
最近では、漆器は製造工程が非効率で生産コストが高い等の欠点が有り、グローバルスタンダードな現代の生産者及び、消費者思考にそぐわないという理由で、はますます使用されなくなりました。そして本物の漆器の代わりに、見た目がに似ている、石油が原料の、ウレタン合成樹脂塗料塗りの漆器が大勢を 占める状況です。そして、本物の漆器を知らない消費者、特に本物の漆器を知らない子供達が大勢いる日本になってしまいました。
 
日本では現在、価格の高い日本産のの需要の減少、漆掻き職人の高齢化と後継者不足などが原因で、漆の木里山に植林して育て、を採取する伝統的職業が成り立たなくなってきています。日本産のは存亡の危機的状況におかれているのです。
 
今、私達は地球環境破壊、地球温暖化問題などで、早急に循環型の社会を再生させることが求められている状況です。つまり,里山漆の木を植林し、育て、漆を採取し、天然のを使って,本物の製品を作り,長期間使用する。江戸時代に栄えた漆の文化は正に,省エネルギー型の地球環境と人間に優しい、循環型の理想的社会でした。このような日本の漆の文化を再生することは、求められている省エネルギー型の循環型の社会を作るのに役立ちます。
 
辰沙(シンシャ)の生命力の波動と育成の光のテラヘルツ波を放出している「辰沙の朱漆」の漆アート作品です。◆塚本尚司の漆アート・コレクション その3
 
 
金継宗家の金継ぎ その33
漆ジュエリー 辰沙の朱漆のリング
塚本尚司 作 金胎漆芸(きんたいしつげい)
 
 
私は、を使った日本独特の修復技術の「金継ぎ」と私の漆アート作品を通して日本の漆文化の美しさ、素晴らしさを広く世界の次世代に伝えることが使命だと想っています。」
 
塚本尚司の漆アートの世界  http://urushiart.com/
 
 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

日本の伝統文化 金継ぎ
Kintsugi Art

金繕い

金継宗家
Kintsugi Art of the Kintsugi Souke

塚本尚司の漆アート

youtube金継宗家

金継宗家

金継宗家

金継宗家

ギャラリーアートミッション

ギャラリーアートミッションオンラインショップ

GALLERY artmission ブログ

profile

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR