金継宗家の金継ぎ その31

  • 2014.06.06 Friday
  • 11:01

無印良品のブログ[MUJIキャラバン] 2014年6 月4日に
金継宗家の金継ぎが紹介されています。

 http://www.muji.net/lab/blog/caravan/tokyo/024924.html をご覧ください。


 
金継ぎ
 
 
 
「金継ぎのすばらしいところは、使うための修復だという点です。
器の割れ目をあえて目立つように、金で装飾するというのは、
日本独特の美意識だと思いますよ」
とは、東京都豊島区にある「金継宗家」の宗匠・塚本将滋さん。






 
  塚本さんは子どもの頃に、ご先祖様の故郷である滋賀県の彦根城で見た、
“朱漆塗りの甲冑”に魅せられ、それがキッカケで東京芸術大学に進み、
彫金と漆塗り、蒔絵の技術を学びました。

そして、金属に漆を塗るという、金胎漆芸の技を独自に開発。
漆アートや漆アート・ジュエリーを手掛けるアーティストとして、
長年活躍しています。




 
 
  
 
また、20代から茶道の遠州宗家に入門。
江戸時代初期の芸術家・本阿弥光悦が手掛けた、
金継ぎの赤楽茶碗「雪峰(せっぽう)」と運命的に出会い、
金継ぎも始めるようになります。
 
金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)
 
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html


 

金継宗家の金継ぎ その30

  • 2014.05.18 Sunday
  • 08:30
 

【金継】 キャセイパシフィック航空の機内誌[SILKROAD] APRIL2014号に
金継宗家の金継ぎが紹介されました。

 

 

 

SHARDS OF BEAUTY 金継ぎ  破片の美   
          

A traditional Japanese ceramic-repairing technique is saving valuable ceramics from the dustbin while adding striking metallic adornments.

伝統的日本の陶器修復の技術は、ごみ箱から貴重な陶器を救出している。 

しかも、見事なメタリック装飾を施して


IN EARTHQUAKE-PRONE(
頻発する地震)
 

Japan, a new generation of artists has helped regnite interest in a traditional skill that can restore family heirlooms and precious pottery smashed in a tremor.Their use of kintsugi in contemporary works has evoked nostalgia for the old art of mending ceramics using a resinous lacquer sprinkled with powdered gold or silver.

 

日本の新世代の芸術家たちは、地震によって破損した先祖伝来の家財や貴重な陶器を伝統的な技法によって修復し、再び蘇らせることに意欲的である。

現代の作品に従来の漆と蒔絵の技法を取り入れることにより、古来からの陶器修復への郷愁を更に募らせているのだ。更に、金継ぎ職人たちは、日々その技術を磨き、その伝統的修復技法が高い芸術性を持ち続け存続するように心掛けている。

 

 

Master craftsman Showzi Tsukamoto says that kintsugi may have evolved out of the distinctive Japanese virtue of cherishing what you have.

But more than just a means of fixing broken objects, kintsugi is bona fide art form.

He points to a specific work, a tea-ware bowl known as Seppo (meaning snow-coverd mountain peak), housed in Tokyos Hatakeyama Memorial Museum, that he says exemplifies the magnificence of the craft.

Seppo was originally a failure because of the cracks caused in the kiln, he says.

Renowned artist Honami Kouetsu (1558-1637) repaired the damage with gold lacquer, while imagining the design to be a snow-covered mountain peak poured with morning sunlight-a work that has become a cultural treasure, as well as great source of inspiration for Tsukamoto.

Tsukamoto was trained in the lacquer arts, specialising in using metal-based lacquer as a graduate student.

He says that ever since first laying eyes on the Seppo bowl in his 2os, which he describes as a fatalistic encounter, he began working to perfect his skills in this craft, using the gold-streaked vessel as a model of artistic achievement.

Seppo was a memorable work in that it raised the mere repair technique of kintsugi to the realm of fine art.

 

金継ぎ宗家 塚本尚司氏によれば、

「金継ぎは 日本人の 《ものを大事にする》 という美徳から生まれたのであろう」

しかしながら金継ぎは単に壊れたものを修復する手段に留まらず、立派な一つの芸術なのである。彼はその具体的な例証に、東京の畠山記念美術館蔵の雪峰(雪に覆われた山の峰の意)という名の抹茶茶碗を挙げて、その技術の素晴らしさを説明している。

雪峰は、もともと窯焼の際に生じた傷が原因で失敗作と見做されていた。

高名な芸術家・本阿弥光悦(15581637)は、この茶碗の窯傷に金継ぎを用いて、

単なる修復に留まらず、朝日に照り映える山の峰の景色として蘇えらせたのである。

国宝に指定されたこの抹茶茶碗は、同時に塚本氏に多大なインスピレーションの源となる感銘を与えたのである。彼は芸術大学で漆工芸を学び、大学院では更に金胎漆芸を専攻した。20代の頃に、この《雪峰》茶碗を目にして(彼はそれを《運命的出会い》と称しているが)以来、雪峰茶碗を彼の芸術的達成の手本として、技術の完成を目指し、日々精進している。《雪峰》は、金継ぎが単なる繕いの為の技法に留まらず、真の芸術の域にまで高めた、記念すべき作品である。

 

 

 

Another repair technique, yobitsugi, uses ceramic parts from a different and unrelated vessel.

At times, a dramatically different pattern, texture, colour or grain of materials is deliberately selected.

Tsukamoto says a special technique that he developed adds to the complexity and difficulty of the process.

While shortcut methods are used in Japan and Europe, employing the traditional ways to repair an object takes three to five months.

So in addition to know-how and artistry, another crucial ingredient for someone taking up this craft, the master says, is patience.

Now one of the most highly regarded kintsugi craftsmen,  Tsukamoto is still striving to improve with Seppo, the bowl that inspired him, in mind.

I am determined to work harder daily in order to raise my own art of kintsugi to the realm of fine art and spread it to the world.

I believe this is my misson.

 

もう一つの修復技法《呼び継ぎ》は、異なる種類の器の破片を用いて行われる。時には劇的に異なる型、質、色、材料が慎重に選ばれる。塚本氏に拠ると、彼の特別に開発した技法は、その過程に於いて、更に複雑で困難である。

簡略化された技法が日本やヨーロッパで用いられているが、伝統的な修復方法を用いた場合には、完成するまで3ヶ月から5ヶ月の時間を必要とする。

それ故、その行程を手掛けようとする者にとって、その方法の熟知と手腕の他に、絶対的必要条件として掲げるのは、《忍耐》である。

さて、金継ぎ業界に於いて、最も高く評価されている職人の一人として、塚本氏は、彼に多大な感銘を与えた雪峰茶碗を目標に、更なる進化を遂げるべく、日々努力を重ねている。

「私は自らの金継ぎの技を真の芸術の域にまで高めるべく、日々精進し、またこの技法を世界に広めるべく努力すると決意している。それが私の使命であると信じている。

 



 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 
 
金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html
金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html



 

金継宗家の金継ぎ その29

  • 2014.04.10 Thursday
  • 10:55

金継ぎ:よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】

 

よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】



絵漆で描く 蒔絵1



絵漆で描く 蒔絵2


金粉を蒔く 蒔絵3



金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)



金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html

金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html





金継宗家の金継ぎ その28

  • 2014.03.23 Sunday
  • 02:08
 金継ぎ:よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】を展示いたします。

 

よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】

会期中、塚本尚司の漆アート・コレクション 日本橋三越本店 本館5階 リビングステージで、金継ぎの実演を行っています。

よびつぎ志野茶碗をご高覧頂ければ幸いです。

 

 

塚本尚司の漆アート・コレクション  

日本橋三越本店 本館5階 リビングステージ

■会期:4月1日(火)〜8日(火) 10:00〜19:00

Kintsugi Art No.2 【Makie】

  • 2014.02.16 Sunday
  • 16:51
[金継ぎ] 古伊万里色絵皿
Kintsugi [Koimari



[金継ぎ] 古伊万里色絵皿
Kintsugi process consists of coating Urushi–Japanese lacquer.




金継宗家の金継
Makie  K24 gold powder


 
Kintsugi is a method of repairing and restoring ceramics and pottery by using Japan’s unique technique of Makie or gold-lacquer work.   This method developed along with the development of Chanoyu or Tea Ceremony and was perfected between Azuchi-Momoyama Period (1573 – 1603) and early Edo Period (1600s).
 
Kintsugi or fine arts using gold of the way of Kintsugi Souke was developed and perfected as the original and most sophisticated technique developed by myself based on the authentic Urushi–Japanese lacquer coating and the traditional Makie–lacquer work.
 
Kintsugi means putting together damaged parts or fragments of ceramics and pottery using Urushi–Japanese lacquer paste, coating Urushi–Japanese lacquer, and applying Makie to make the work look beautiful and decorative, to thereby offer them for practical use.
 
Kintsugi is based on a uniquely Japanese sense of beauty of decorating the damaged part with gold Makie to make it look conspicuous.  It is an artwork born out of the original Japanese culture of MOTTAINAI or cherishing and using the articles with utmost care. 
 
Kintsugi process consists of coating Urushi–Japanese lacquer paste over the cross section of broken part(s) of ceramics or pottery, adhering the broken part(s) together, filling the concave part with Urushi putty, drying and shaping the part, coating the surface with urushi lacquer, drying and polishing the lacquer coated surface flat, thus completing the base.  The surface to be applied with Makie is coated with E-urushi, colored urushi lacquer prepared by mixing red ochre or red iron oxide and transparent lacqureand pure gold powder is applied on thus-finished surface using Funzutsu–bamboo cylinder for applying Makie.
 
After the E- urushi undercoat for Makie is completely dry, the surface is polished to bring out the luster of Makie’s pure gold powder.
 
Showzi Tsukamoto, the Master of Kintsugi Souke
 
Please visit http://urushiart.com/


 

Kintsugi Art No.1【Yobitsugi】

  • 2014.01.26 Sunday
  • 12:04
Kintsugi Art  No.1【Yobitsugi
 
よびつぎ志野茶碗
Yobitsugi Shino Chawan “Futatabi – Again”
 


  
よびつぎ志野茶碗
Makie     K24 gold powder
 


 
 
よびつぎ志野茶碗
Kintsugi process consists of coating Urushi–Japanese lacquer.

 

 
よびつぎ志野茶碗
Shino Chawan     The same type of broken pieces of ceramics.




Yobitsugi for Shino Chawan
Shino Chawan is a bowl baked with white glaze for drinking powdered green tea, made in Gifu Area, Japan, during  Azuchimomoyama Period (AD1573 ~ 1603)
 
Unohanagaki, a widely known Shino Chawan, is designated as a national treasure.
 
Yobitsugi is one of the techniques of Kintsugi.  It means a method of collecting and assembling the same type of broken pieces of ceramics to reconstruct a ware.
 
Yobitsugi is an artwork consisting of combining and piecing together by Kintsugi good quality fragments of the same type ceramics baked in the same kiln which were discarded because of cracks, etc, and by imaging an ideal shape of a bowl to be reconstructed, thus creating a new bowl (for drinking powdered green tea).
 
Kintsugi and Yobitsugi are the metaphor for re-generation of a soul
 
Yobitsugi Shino Chawan Futatabi – Again”
Yobitsugi by Showzi Tsukamoto 2013
 
After the regeneration by the tecqnic called Yobitsugi using K24 gold powder “Makie”, appeared the sight, liken to the full-bloomed plum tree together with white blossoms made by the glazed patterns .
The Yobitsugi Shino chawan is given a name “Futatabi– Again”.
 
The name “Futatabi” was taken from Waka or traditional Japanese poem by Fujiwara no Okikaze which was published in Kokinwakashu or the Collection of Old and New Poems.
 
   “Koe taezu  Nakeya Uguisu  Hitotoseni  Futatabi to dani  Kubeki Harukawa
 
[Translation]
    “Nightingale, do not cease your song, do sing plenty this year. This spring will never come again”
 
 Kokinwakashu is a collection of fine waka poems worthy of being passed on to posterity.  The collection was compiled by Emperor Daigo by selecting excellent poems composed between the ancient times and the early Heian period (circa. 905).
 
The reason why Chawans are given the names taken from Waka poems composed by ancient poets is because the message to be conveyed by the chawan is intended to impress people intensely.
The reason why Yobitsugi Shino chawan are given the names taken from Waka poems composed by ancient poets is because the message to be conveyed by the Yobitsugi Shino chawan is intended to impress people intensely.


Bthe way, in Japan, plum-tree and nightingale had been considered as well matched pair and often used as the subjects of the poems.
However , on the Yobitsugi Shino chawanFutatabi– Again” the sight of the nightingale can not be found anywhere.
The time, when green tea powder is blended with hot water in the Yobitsugi Shino chawan, there comes the color of nightingale.
By this refined device, vision of plum tree and nightingale meet again on the Yobitsugi Shino chawanFutatabi– Again”

 
Showzi Tsukamoto, the Master of Kintsugi Souke
 
Please visit http://urushiart.com/


 

金継宗家の金継ぎ その27

  • 2014.01.19 Sunday
  • 10:00
 

よびつぎ志野茶碗【 ふたたび 】
 

 

よびつぎ志野茶碗

よびつぎ「ふたたび」完成
 

  

よびつぎ志野茶碗

工程:蒔絵
 

 

 

よびつぎ志野茶碗

工程:呼び継ぎ 漆塗下地
 

 

よびつぎ志野茶碗

志野焼の破片
 

 

呼び継ぎ(よびつぎ)

 

金継ぎの種類の中の一つの方法である呼び継ぎ(よびつぎ)は、破損した同じ種類の陶片を呼び寄せて組み合わせて、新たに一つの器に再構築する金継ぎのことです。 

同じ窯で焼いた同じ種類の陶磁器で、割れなどの窯傷が生じた理由で破棄された陶磁器の陶片の中から、選び出し拾い集めた品質の良い美しい陶片を使って、新たに再構築する茶碗の理想的な姿のイメージに合わせて、破片を組み合わせ、繋ぎ合わせて金継ぎ蘇り(よみがえり)させて、新たな一つの茶碗を創りあげるアートワークです。

 

呼び継ぎは、魂(タマシヒ)の再生のメタファー[隠喩(いんゆ)]なのです。

 

呼び継ぎした傷口の金蒔絵を、梅の木に見立て、白い釉薬の模様を梅の花が満開の景色として、よびつぎ志野茶碗に、【ふたたび】という銘を付けました。

この【ふたたび】の銘は、古今和歌集の歌人の藤原興風(ふじわらのおきかぜ)の歌から採りました。

 

『 声たえず 鳴けや鶯 ひととせに 【ふたたび】とだに 来べき春かは 』

 

通釈は、

よ、声を絶やさずに、今年は十分に鳴いてくれ。再び同じ春は来るはずがないのだから。」

 

ところで、うぐいすと言われますが、よびつぎ志野茶碗ふたたび】には、は描かれていません。そこで、茶碗に抹茶が点てられますと、よびつぎ志野茶碗の中に鶯色が浮かび上がるという仕掛けです。

 

日本の文化である金継ぎを広く世の中に広めましょう。

 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 

 

金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html

金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html

 




 

金継宗家の金継ぎ その26

  • 2013.12.01 Sunday
  • 17:47
 

日本のもったいない文化の金継修理。

 

壊れた陶磁器に金継ぎ修理の金蒔絵を施した傷跡を一つの文様、更には、美しい景色と見立てて再生し、もったいないとして、より慈しんで「金継ぎ」を愛好するという日本独特の文化なのです。

 

の伝統技法を生かした「金継ぎ」は単なる陶器の修理に止まらず、芸術の域にまで達した陶磁器の再生技法です。

 

[金継ぎ] 古伊万里色絵皿


[金継ぎ] 古伊万里色絵皿




 

[金継ぎ] 古伊万里色絵皿


[金継工程] 黒漆下地(表)

 




[金継ぎ] 古伊万里色絵皿


[金継工程] 黒漆下地(裏)




 

気に入って愛用している古伊万里色絵皿です。

 

2011311日東北地方太平洋沖地震の三日前の日に、偶発的にテーブルから落ちて粉々に割れてしまった二個の古伊万里色絵皿の一つです。

今、思い返すと、地震の予告だったのでしょうか?

 

あまりに割れ方が酷いので、なかなか金継修理する気持ちが湧きませんでしたが、気に入っていたものなので、今年、やっと純金蒔絵を施して再生しました。

 

傷だらけですが、[金継ぎ]された色絵皿に独特のを感じるのは私だけでしょうか?

 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 

 

金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html

金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html





金継宗家の金継ぎ その25

  • 2013.11.03 Sunday
  • 10:00
 

金継[呼び継ぎ(よびつぎ)志野茶碗(しのちゃわん)]


金継[呼び継ぎ(よびつぎ)]志野茶碗
 

 塚本尚司作の金継[呼び継ぎ]志野茶碗です。

 


金継[呼び継ぎ]作品完成までの金継工程の全てが詳しく、デザイン雑誌【AXIS】166号に7ページ構成で掲載されています。2013年11月1日発売。

 

単なる金継ぎ修理ではなく、究極の金継 [呼び継ぎ(よびつぎ)] を取り上げました。

 

金継[呼び継ぎ]とは、数十個もの破損した同じ種類の陶片を呼び寄せて組み合わせて、新たに一つの器に再構築する金継ぎのことです。

 

金継[呼び継ぎ]は、同じ種類の陶磁器で、割れなどの窯傷が生じた理由で破棄された陶磁器の陶片拾い集めたものの中から、品質の良い、美しい陶片を選び出し、茶碗の理想的な姿を想い描いて、そのイメージに合わせて破片を組み合わせ、繋ぎ合わせて金継[呼び継ぎ]で再構築し、新たな一つの茶碗を再生し創りあげるアートワークです。

 

志野茶碗は、日本の岐阜県地域で、安土桃山時代、1573年から1603年に焼かれた白い釉薬の志野焼の茶碗です。

日本の国宝:志野茶碗 [卯花墻(うのはながき)]が有名です。

日本の文化である金継ぎを広く世の中に広めましょう。

 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 

金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html

金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html

金継宗家の金継ぎ その24

  • 2013.10.27 Sunday
  • 10:00
 

漆と金継ぎ 

青花(中国の染付)大皿 [金継工程]炭研ぎした黒漆の塗面 

 

漆の樹から漆の採取。 漆掻き(うるしかき)

 

漆掻き(うるしかき)傷と漆の樹液

 

漆の精製 [黒漆]
 

 

金継工程は、壊れた陶器を漆の接着剤の刻苧糊(こくそのり)で接着し、欠損部分は漆の充填剤の刻苧(こくそ)で成形し、黒漆を塗り、炭研ぎをした面に蒔絵を施します。金継ぎは、日本独特の陶磁器の修理修復方法です。

金継工程で、大切な作業の一つは、黒漆の塗面が、陶磁器の面と段差のない平らな状態に仕上げることです。黒漆の塗面の仕上がりによって蒔絵の金継ぎの上手、下手が正直に作品に現れます。

 

は、漆の樹から採取します。

漆の樹は日光のエネルギーを使い、光合成により、酸素を放出するだけではなく、天然樹脂の樹液を作ります。

葉が茂って光合成の活動が盛んになる夏の季節に、樹齢20年頃の漆の樹の幹の内皮に人為的つけられた傷から樹液を掻き(かき)取ったものが生漆、セシメ漆(刻苧糊の漆)です。

そして、生漆を精製して作ったものが、透明な漆の木地呂漆(きじろうるし)、黒漆、黒呂色漆(くろろいろうるし鏡面仕上げ用の黒漆)です。

は日本の縄文時代から使われてきた環境にやさしい天然樹脂塗料であり、また、強力な天然樹脂の接着剤なのです。が乾くのは、温度25℃、湿度70%程の空気の雰囲気の中で、の主成分ウルシオールが酵素ラッカーゼの働きによって、酸素を取り入れて反応し、重合して固まる為です。

の塗膜は独特の柔らかい質感(クオリア)を持ち、美しい色艶を持っています。

の皮膜は、熱に強く、酸やアルカリなどの化学薬品にも侵されず非常に強靭です。      

 

日本の文化である金継ぎを広く世の中に広めましょう。

 

金継宗家 宗匠 塚本将滋(尚司)

 

金継宗家 金継教室 http://urushiart.com/schoolroom.html

金継工房 http://urushiart.com/kintsugikoubo.html
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

日本の伝統文化 金継ぎ
Kintsugi Art

金繕い

金継宗家
Kintsugi Art of the Kintsugi Souke

塚本尚司の漆アート

youtube金継宗家

金継宗家

金継宗家

金継宗家

ギャラリーアートミッション

ギャラリーアートミッションオンラインショップ

GALLERY artmission ブログ

profile

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR